化粧品に配合されている生コラーゲンと普通のコラーゲンの違いとは?おすすめは?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

美肌つくりのためには生コラーゲンがオススメ!

では、生コラーゲンと通常のコラーゲンとはどう違うのか?

生コラーゲンとは加熱がされていない生の状態のコラーゲンですが、加熱により変質した通常のコラーゲンの違いは、コラーゲンを構成するペプチドの構造にあります。

一般に「生コラーゲン」とは、ペプチドの構造が「3重らせん構造」になっています。
一方、通常のコラーゲンは、加熱により3重らせん構造が壊れ、バラバラになっています。

生コラーゲンは、この3重らせん構造を持つことで、高い保水力効果を持続することができるため、近年注目が急速に高まってきました。

通常、生コラーゲンが熱により壊れると、ゼリーなどで良く知られる「ゼラチン」になります。実は、コラーゲン配合とされているスキンケアや健康食品を見かけますが、実際には製品化の過程でコラーゲンが分解され、ゼラチンであることが多いとされています。

もちろん保湿力は生コラーゲンに軍配が上がりますが、コラーゲンを生の状態のまま製品化するのは難しく、技術力の高い企業だけが生コラーゲンの製品を製造しています。有名なのはニッピコラーゲンなどですね。

そもそも、肌の作りとして、肌の保湿力が低下すると、紫外線などの外部の刺激から守る力が低下してしまいます。肌の健康を保つためにとにかく「保湿が重要」と言われますが、高い保湿力をもつ生コラーゲン配合のスキンケアは、美肌のためにうってつけなんですね。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい