シワ・たるみなどの年齢肌の原因に!?<美肌の鍵を握るコラーゲン>ともよばれるけど本当の関係って?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

加齢によるコラーゲン不足はたるみ・シワの原因に!

美肌を決定づけさせるといっても過言ではない、コラーゲンはタンパク質の一種。
主に細胞と細胞をつなげる重要な役割を担っていて、体内のたんぱく質量の約3分の1を占めています。とりわけコラーゲンが多い部位は、靭帯、軟骨、骨、そして真皮(肌の奥)で、肌の中で、細胞と細胞をつなげる働きをしています。

コラーゲンはアミノ酸を原料として体内合成をするものですが、その能力は年齢と共に衰えていきます。
例えば、40歳では20歳の半分程度にまでなるのだとか!

歳をとると体内のコラーゲンは不足します。もちろん肌のコラーゲン量も少なくなります。
すると細胞間の結合が緩み、結果的に肌にたるみしわができるようになり、潤いも失われます。

なぜこのようなことが起こるのかというと、皮膚は表皮と真皮 の2層から成り立っています。
表皮はわずか0.3㎜程度で、内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層と徐々に変化し、最後は皮膚の一番外側にある角質層と なり一定の期間(約28日)留まったあとにアカとして剥がれ落ちていきます。

これが「ターンオーバー」と呼ばれるサイクルです。

コラーゲンが不足すると、当然肌のサイクルも乱れてきます。ターンオーバーのサイクルが乱れるとは、つまり本来アカとなって剥がれ落ちるはずのものが肌にのこっている状態ですので、乾燥やくすみのある肌になってしまいます。正常なターンオーバーは美肌の基本中の基本です。

つまり加齢によるコラーゲン不足は美肌の大敵、ということになります。

また、同時に肌の水分を保つこともできなくなり、美肌とはいえない状態になります。
そのため、減少分を補うことは、再び美肌に近づくことができると言えますよね。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい