紫外線?年齢?コラーゲンが減少するとどうしてシワができるのか解説します

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

紫外線による活性酸素がコラーゲンを壊してしわをつくる

同じ年齢なのに、プルプルのお肌の人とシワが目立つ人っていますよね。
同じくらいスキンケアに気を使っていたとしても、どうしてこんなに差が出てしまうのでしょうか?

皮膚は外側から、表皮・真皮という構造になっていて、深いシワは真皮の皮膚組織の変化によってできます。
コラーゲンは、健康な肌では真皮の中に網目状にびっしり張りめぐらされ、さらに弾力性に富んだエラスチンや、
網目状の繊維の間を満たしているヒアルロン酸などと絡まりあうことで、皮膚をしっかりと支えています。

繊維芽細胞は肌のハリと弾力と潤いの素である、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分をつくりだす細胞ですが、この細胞がきちんと働いてないと、表皮にハリと潤いがなくなり、シワができやすくなります。しかも、この繊維芽細胞は、その人の体質や生活習慣でかなり衰え方が違ってくるのです。

例で言うと、紙を折ると折りじわができて、元のまっさらな状態には戻りませんよね。それと同じで、表皮が乾燥していて、柔軟性がないと、肌にクセがついてしわができやすくなります。だから、目元とか、よく動かす部分からしわが目立つようになるのです。

皮膚の老化、つまりシワができる原因の8割を占めるのは、紫外線とも言われています。
もちろん、加齢も原因ではありますが、紫外線によるシワは、加齢による自然老化に比べて皮膚組織が大きく変化するため、太く深いシワになるのが特徴です。

紫外線を浴びてシワがなぜできるのかというと、紫外線を浴びると、発生した活性酸素によって、真皮の構成成分の多くを占めるコラーゲンが減少してしまうからなのです。

ということは、繊維芽細胞が元気でイキイキと活動していればコラーゲンがどんどん生成されるので肌のコラーゲン量を維持できるということですよね。
美肌の条件である弾力・透明感・うるおいを保つためにはこの繊維芽細胞の働きを維持することがとっても重要なんです。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい