19種類あるコラーゲン・それぞれの効果・働きなど特徴は?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

19種類の型があるコラーゲンのそれぞれの働き・効果とは?

コラーゲンと聞くと種類なんかあるの?と感じますが、実は人体の中には30種類前後のコラーゲンの種類があるそう。
約30種類の異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより、19種類の型が存在し、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。

体内に最も多いⅠ型は、骨や皮膚の強さを生み出し、皮膚のコラーゲンの90%を占めます。
Ⅱ型は主に軟骨に存在しています。Ⅲ型は血管や子宮などに存在するコラーゲンなので女性が摂ると特にいいといわれています。

このように、コラーゲンは多くの役割を持った成分です。
では、主なコラーゲンの種類とその役割をここでは簡単にご紹介します。

I型コラーゲン(線維性コラーゲン)
体内に最も大量に存在するコラーゲン。骨や皮膚を形成し、弾力性を持たせる働きがある。

II型コラーゲン(線維性コラーゲン)
関節・軟骨に主に含まれているコラーゲン。眼の角膜、硝子体の成分でもある。

III型コラーゲン(線維性コラーゲン)
臓器に主に含まれているコラーゲン。細い線維で、組織に柔軟性を与える。

IV型コラーゲン(非線維性コラーゲン)
皮膚の表皮と真皮をつなぎとめる役割を持った、基底膜に存在するコラーゲン。

V型コラーゲン(線維性コラーゲン)
血管、平滑筋、胎盤に主に含まれている。I型、III型コラーゲンの含まれている組織に、極少量含まれている。

体内で生成される以外にも、ゼラチン、コラーゲンペプチド、トリペプチドコラーゲン、アミノ酸混合物といった、原料や分子構造の異なる4種類のコラーゲンがあり、中でもトリペプチドコラーゲンが最も美肌効果が高いとされています。

では、この次からコラーゲンの種類を一つずつ細かく説明していきます。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい