関節や軟骨に存在するII型コラーゲンの基本情報を解説します

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

関節の健康を維持するII型コラーゲン とは?

Ⅱ型コラーゲンはⅠ型コラーゲンの次に体内に多く存在するコラーゲンです。
Ⅱ型コラーゲンは、関節軟骨に主に含まれているコラーゲンで、眼の角膜、硝子体の成分でもあります。

Ⅱ型コラーゲンは軟骨に多く含まれていることから、鶏の胸骨軟骨や豚の気管軟骨を原料とし、軟骨エキスとして抽出されます。関節炎の発症を抑制する機能が期待されています。
このⅡ型コラーゲンは加齢と共に減少するだけでなく、関節の使いすぎによっても減少してしまいます。
そのため、若い人であっても激しいスポーツを行っている場合は、軟骨が擦り減りやすく関節痛が生じやすいので、積極的にⅡ型コラーゲンを摂取することが大切です。

しかし、一般的なⅡ型コラーゲンは、高熱処理や加水分解が施されており、もともと私たちの体内に存在するⅡ型コラーゲンとは構造が変わってしまっています。
そこで、作られたのが、高熱処理や加水分解を経ないで生成された「非変性Ⅱ型コラーゲン」。
その名のとおり、ほぼ完全な分子構造を維持しており、それを摂取することによって、不足を補ったり、この形のコラーゲンが自分に必要な栄養素であることを体が理解することができます。

研究によると、非変性の活性Ⅱ型コラーゲンは、体内にあるコラーゲンと同じ性質を持つことで、これを摂取すると関節に対し、タンパク質を分解する酵素の働きを抑制する作用が働き、軟骨の破壊を抑えるだけでなく、軟骨を再生する効果があり、関節の痛みや関節リウマチに大きな効果が得られることもわかっています。
この活性Ⅱ型コラーゲンによる、この健全な関節形成を促進する作用は、一時的な回復を得るのではなく、継続的、または根本的に関節痛の痛みや腫れを抑える効果が得られると報告されています。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい