Ⅴ型コラーゲンの効果・はたらきなどの特徴とは?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

あまり知られていないV型コラーゲンの働きって?

Ⅴ型コラーゲンとは線維性コラーゲンであり、I型コラーゲンやⅢ型コラーゲンの含まれている組織に、少量ではありますが含まれているものです。

α1(V型)鎖、α2(V 型)鎖、α3(V型)鎖などが様々な割合で混合した混合物で、基本的にはⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンと共に含まれているため、Ⅰ型・Ⅲ型のコラーゲンを不足なく補給していれば通常は足りているものです。

ですので、Ⅴ型コラーゲンが不足するというよりは、Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲンが不足しているという見方が強いです。また、Ⅴ型コラーゲンが不足することで人体に悪影響を及ぼすといったようなことは一般的にはあまり見受けられません。

Ⅴ型コラーゲンに関しては、コラーゲンの解析が進んでいる現在においてもいまだ調査段階で、その可能性は未知数といわれているそう。
Ⅴ型コラーゲン繊維を利用して腎糸球体細胞の培養実験を行ったり、腎患者を治療するアプローチとして着目されていることもあって、未来的には重要な位置を占める可能性もあるかもしれないってことですよね。

現在も、V型コラーゲン繊維を利用し、母体の羊水中で胎児が成長する環境を模擬したりと、医療や科学の構築技術の発展には、非常に役立てられているものなのです。

数多くのコラーゲンの中でも、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンと共に存在するⅤ型コラーゲンは量が少ないこともあり、あまり聞きなれないし認識も低いかもしれません。
しかし実は重要な役割があり、皮膚の上層にあるⅣ型コラーゲンと皮膚の下層にあるⅠ型コラーゲンを結びつけるのは、このⅤ型コラーゲンなのです。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい