低分子コラーゲンよりもさらに細かいトリペプチドコラーゲンの効果・働きとは?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

アレルギーを起こしにくい!?注目のトリペプチドコラーゲンとは?

コラーゲンを体内に吸収しやすくするために低分子化されたコラーゲン「低分子コラーゲン」の中でも、さらに細かい分子にまで加工した、吸収性、吸収スピードに優れた超低分子コラーゲンのことをトリペプチドコラーゲンと言います。

従来のコラーゲンサプリなどにはほぼ含まれておらず、その吸収率は通常のコラーゲンの約3倍もあるんです。そのため、再生率も非常に良く、少量でも効果を期待できると注目されている原料。


通常のコラーゲンは分子量が30万個程度と大きく、構造的にもそのままではヒトの体内になかなか吸収されません。
体内に吸収されやすいように分子量数百個~数千個にまで分解加工したものが低分子コラーゲンですが、「コラーゲントリペプチド」は低分子コラーゲンよりもさらに細かく、3個連結の分子にまで加工しています。コラーゲントリペプチドの“トリ”は、この「3」を表す接頭語なんだそう。

このように、アミノ酸が3個連なった分子の状態にまで低分子加工されたコラーゲントリペプチドは、通常コラーゲンのように体内で分解されることなく、腸管からそのまま吸収することができるので、吸収スピードが非常に早く、直接肌などに届いて高い効果を得ることができるのです!

アミノ酸と言えば、コラーゲンの材料として利用されるのみなのですが、「トリペプチド」は、コラーゲン合成を促すという働きもしてくれます。

従来のコラーゲンサプリなどに多くみられた一般の「コラーゲンペプチド」と呼ばれるものも、低分子化されているため通常コラーゲンよりは吸収性が良いのですが、それでも体内でさらに分解されないときちんと吸収できないため、コラーゲントリぺプチドの方がより優れていると言えます。

さらに、コラーゲントリペプチドはヒトの内臓や皮膚に含まれているコラーゲン成分と一緒の構造なため、アレルギーを起こしにくいという利点もあります。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい