動物性コラーゲンの代表!豚コラーゲンの効果・働き・特徴とは

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

肌になじみやすい特徴を持つ豚コラーゲン

コラーゲンには大きく分けて2種類の原材料があります。
一つは牛や豚、鳥などが由来の「動物性コラーゲン」と呼ばれるものです。
もう一つは、「海洋性コラーゲン」と呼ばれるもので、先ほど紹介した魚由来のフィッシュコラーゲンです。

動物性コラーゲンのメリットは、熱に強く、加工しやすい点です。よって昔から動物性コラーゲンは美容や健康の為の様々な製品として使われています。

その中でも豚コラーゲン」とは、豚皮を原料として抽出したコラーゲンのことで、吸収の早さはフィッシュコラーゲンに劣りますが、人間の肌の組成に近いため、肌になじみやすいといわれることが多いです。また、ニオイがないのも特徴です。

豚コラーゲンの豚は6カ月以上で工場にまわるため、若いコラーゲンが多いといわれています。
消化も良く、コラーゲンの質も良いため飲むコラーゲンによく使われています。

欠点と言えば、
動物性コラーゲンは吸収が少し遅い、といったところでしょうか。
豚の体温は人間より少し高めの37度~38度なので、人間の体温では少し溶けにくくて消化と吸収が遅くなってしまうためです。豚コラーゲンペプチドなどの動物性コラーゲンは、だいたい4~5時間くらいかけてゆっくりと吸収されると言われています。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい