動物性コラーゲンの中でも歴史の深い牛コラーゲンの効果・働き・特徴とは?

コラーゲンって効果があるの?という疑問は多くの人がもっているはず・・・。
当サイトの見解はコラーゲンは効果あり!
そんなコラーゲンの中でも特に注目したいのが、人の肌と同じ構造を持つ生コラーゲン。当サイトでは生コラーゲンの効果働き特徴について解説したコラムと生コラーゲン配合のおすすめ化粧品などをご紹介します。

古い歴史を持つ牛コラーゲンとは?

動物性コラーゲンは昔からあるコラーゲンのひとつです。
原料は、牛や豚、鶏などの動物の皮・骨・軟骨などから抽出されるタンパク質の成分です。
非常に熱に強いのが特徴で、加工がしやすいため、ゼラチンや化粧品などに加工され多くの商品として販売されています。

この牛コラーゲンとは、動物性コラーゲンの一つで、牛皮を原料として抽出したコラーゲンのことです。牛由来コラーゲンは、食肉工場にまわる牛は3歳以上ということから豚コラーゲンと比べると若いコラーゲンが少ないです。

抽出するために強いアルカリ処理などが必要なので、得られるコラーゲンの性質が劣化しやすいのもデメリットです。
これまでの動物性コラーゲンは、牛を原料としたコラーゲンが最も多く流通していましたが、アメリカで「狂牛病」の問題があって以来、牛由来の製品は厳しく管理されているので、動物性なら、今は豚由来のものが主流になっています。

また、コラーゲンの濃度が高くなると動物独特の臭いやが強くなってくる欠点があります。
また、動物性コラーゲンの成分となっている牛や豚、鶏などの体温はおよそ38~45℃と人間と比べると高温のため、体内で消化吸収するのに時間が掛かかってしまいます。そして、動物性コラーゲンは繊維が多く入り込んでいるため低分子に分解することが難しく、消化吸収される過程でも、内臓に大きな負担を掛けてしまうことが欠点です。

効果実証済み!おすすめ生コラーゲン化粧品

筆者の自己紹介
この項目は予備データ1に入力して下さい